安全・安心のためにHackintosh 2号機に再び環境を移す

2017年06月13日 15時57分

最悪の事態に備える

Mac Pro Modもほぼ完成し、後は電源ボタンなどのフロントパネル周りだけの作業になりました。ですが、電源周りの作業を失敗してしまった場合、高額なPCパーツたちがダメになってしまう可能性もあったので、念のため対策を講じることにしました。

Mac Pro Mod

先日身内に譲ったHackintosh 2号機の内部パーツと、Mac Pro Modに組み込んだ内部パーツを入れ替えることにしました。Hackintosh 2号機に組み込んだパーツもなかなか良いPCパーツではありますが、Mac Pro Modに組み込んだPCパーツに比べれば少しは安価。最悪の場合にダメージを少なくしたかったのです。

組み換え後のスペック

Hackintosh 2号機 Ver.3
PCケース:CORSAIR Carbide Quiet 400Q
MB:ASRock H270 Pro4
CPU:Intel Core i7 7700(3.6GHz Kaby Lake-S)
CPUクーラー:サイズ 虎徹 SCKTT-1000
VIDEO:Sapphire NITRO+ Radeon RX 480 8G GDDR5
SSD:SAMSUNG SSD 960 EVO MZ-V6E250B/IT x2枚 RAID0
RAM:CFD W4U2400PS-8G (288pin/DDR4-2400/8GBx4 32GB)
電源:CORSAIR CX550M (550W)
光学ドライブ:なし
その他:Broadcom BCM943602BAED

Mac Pro Mod Ver.2
PCケース:Apple Mac Pro A1186
MB:ASRock H170 Pro4
CPU:Intel Core i5 6500(3.2GHz Skylake)
CPUクーラー:RAIJINTEK 0R100003 ZELOS
VIDEO:なし(内蔵GPU)
SSD:Intel 600p Series SSDPEKKW128G7X1(128GB)
RAM:CFD W4U2400PS-8G (288pin/DDR4-2400/8GBx2 16GB)
電源:サイズ 剛短3 プラグイン SPGT3-400P(400W)
光学ドライブ:なし
その他:Broadcom BCM94352HMB

Mac Pro Modの作業

早速次回からMac Pro Modの電源ボタン周りの改造を行なっていきたいと思います。電源ボタンと一緒にUSBとイヤホンジャックも動作するようにしていきたいです。