Mac Pro Modのベンチマークテスト

2017年05月28日 10時47分

ようやくソフトウェア側の設定が完了した

Clover関連の設定も終わりようやく実用のレベルになったので、そろそろMac Pro Modのベンチマークしておこうかと思います。今回も「Geekbench」と「Cinebench R15」、「Blackmagic Disk Speed Test」を使って計測します。

スペック

PCケース:Apple Mac Pro A1186
MB:ASRock H270 Pro4
CPU:Intel Core i7 7700(3.6GHz Kaby Lake-S)
CPUクーラー:サイズ 虎徹 SCKTT-1000
VIDEO:Sapphire NITRO+ Radeon RX 480 8G GDDR5
SSD:SAMSUNG SSD 960 EVO MZ-V6E250B/IT
RAM:CFD W4U2400PS-8G (288pin/DDR4-2400/8GBx4 32GB)
電源:サイズ 剛短3 プラグイン SPGT3-400P(400W)
光学ドライブ:なし
その他:Broadcom BCM94352Z

GeekBenchの結果

まずはGeekBenchの結果から。SkylakeのCore i5 6500が4768/13624だったことを考えると、さすがCore i7といったところでしょうか。

OpenCLの結果はこちら

HD630

RX480 8GB

RX480 8GBはすべてのコアを動かせるようにスクリプトを実行しました。
聞いていた話と大体同じくらいの数値が得ました。

Cinebench R15の結果

HD630

RX480 8GB

GTXの950が93.38fpsだったことを考えると、思っていたより数値が伸びていないような気がします。
こんなものなのでしょうか?

DiskSpeedの結果

Intel 600p Series SSDPEKKW256G7X1(256GB)では592.7MB/s 1395.5MB/sだったので、はるかに速い。Samsungの960Evoは群を抜いて速い感じですね。