Kaby Lake CPUをHackintoshで使う方法

2017年05月07日 23時08分

ネイティブにサポートされていないKaby Lake CPU

当たり前の話なのですが、2017年5月7日現在でIntelのKaby Lakeを搭載したMacは発売されていなく、OS側も正式にはサポートしていない状態です。

ですがブートローダーの「Clover」でFakeCPUIDに「0x0506E3」を入力することで、OSを起動させることが可能になります。ちなみにこの作業を行わないと起動時のAppleマークで止まったままになります。

どのように設定するのか?

Cloverのconfig.plistの中にあるKextandKernelPatchesセクションに

を記入するかもしくはClover Configuratorでconfig.plistを開き、KextandKernelPatchesのFakeCPUIDに「0x0506E3」を入力して保存することで起動することができます。

Clover

とりあえずH270 + Kaby Lake CPUでインストーラーを起動させる

先日組み上がったMac Pro ModにMac OS 10.12.4をインストールするために、以上の方法でUSBインストーラーを起動するところまで成功しました。