ヤフオクでMod材料になるPowerMac G5 / Mac Proを落札するコツ

2017年04月20日 00時08分

何をするにもまずは材料を用意しなくては

当然ながら、魔改造のベースになるMacが必要になります。まぁ、ケース自体を自作するという場合はは別ですが。

新旧いろいろなMacがある中で、やはりデスクトップ型、なおかつタワー型である方が改造しやすいかと思います。オススメなのは比較的新しく、値段も安くなったPowerMac G5とMac Proです。Mac Proは円筒ゴミ箱タイプでなく、PowerMac G5と同じアルミの筐体のものです。PowerMac G4やPower Macintosh G3などいわゆるポリタンク型のものでも魔改造されている方も国内・国外問わず多いようです。

どこで調達するのか?

中古屋でMac を買うよりも断然安く買えるのはやはりインターネットオークションかと思います。とりわけヤフオクで落札するのがオススメです。最近勢いがあるメルカリでも手に入れることはできると思いますが、数が少ないことと価格が高い傾向があるのが懸念になります。

オークションイメージ

私の場合はヤフオクでPowerMac G5のジャンク品を落札しました。マザーボードも電源も取り外して捨ててしまうため、動作しないもので全く問題なしです。ただしできるだけキレイなジャンクのPowerMac G5 / Mac Proを落札できるかがポイントになります。あくまで筐体を利用するので、傷が多いものよりもキレイなものがいいかと思います。

落札の価格帯は?

最近ですと、初代PowerMac G5のジャンク品は1,000円程度で落札できることは少なくなく、送料込みで大体2,500円程度で落札できれば大成功といった感じではないでしょうか。初代Mac Proですともう少々高い傾向ですが、3,000〜4,000円程度で落札できれば成功だと思います。高年式になればなるほど高くはなりますが、キレイな筐体は見つけやすくはなると思います。

気をつけた方がいいこと

ここからは、無事に落札できた後の話になります。出品者の方ものどうせジャンクと思っているのか、簡易梱包でMacを発送してくることが多いです。

私の場合、今回のMod化のために落札したPowerMac G5は6台中2台が破損して着荷しています(笑)配送業者から返金処理はしてもらいましたが、非常に時間の無駄になります。

当然配送業者の運び方にも問題があったのかもしれませんが、このPowerMac G5は自重で18kg以上あるにも関わらず、あのように華奢な足をしているので、筐体を立てた状態でダンボールに入れて発送を行うと、筐体(特に足の部分)が歪みます。

PowerMac G5 足が歪む

なので出品者の方に事前に連絡し、筐体を寝かせた状態で発送してもらうようにお願いしました。そのおかげで今のところは歪んだ状態での着荷は無くなっています。

以上、魔改造のベースになるMac調達までのお話でした。